東京 大阪 青春18きっぷ

東京−大阪を在来線で移動すると・・・

東京−大阪の移動は、多くの方は新幹線または飛行機を使います。
最もポピュラーな移動手段は新幹線ですが、「新幹線を使わず在来線でのんびり旅行する!」というケースも。

 

そこで、ここでは、在来線で東京−大阪を移動するケースについてご紹介していきましょう。

 

東京−大阪の在来線移動経路

東海道本線を使って在来線を乗り継ぐ一例です。

 

東京→熱海(20駅 約100分)
熱海→浜松(33駅 約150分)
浜松→豊橋(8駅 約30分)
豊橋→大垣(15駅 約90分)
大垣→米原(6駅 約30分)
米原→新大阪(13駅 約80分)

 

この経路で乗り継いで、約8時間〜9時間。

 

東京−大阪在来線のみの料金は?

東京−新大阪を新幹線「のぞみ指定席」で移動すると、乗車券8,750円・特急券5,700円の合計14,450円です。
在来線で移動すると、特急料金は必要ないので、乗車券8,750円で行くことができます。

 

在来線で移動する時、一つ気になるのが「青春18きっぷ」。
この切符は年齢にかかわらず、誰でも5日間JR乗り放題で、当然在来線であれば東京−大阪間でも利用することができます。

 

では、この「青春18きっぷ」を使って東京−大阪間を移動する時、どのように使ったらお得なのか?

 

青春18きっぷを使うと・・・

青春18きっぷの料金は11,500円。
普通の切符で東京−大阪を往復すると、17,500円かかるので青春18きっぷの方がお得です。
東京から新大阪を通過して、そのまま博多方面に向かうと、広島までの乗車券が11,660円なので、広島への片道には普通切符の方が安いです。

 

新大阪を折り返して、11,500円の料金がお得になるのは、新幹線の駅で言うと「名古屋」。
新大阪→名古屋の乗車券料金は3,350円なので、東京→新大阪→名古屋と移動するとお得感があります。

 

料金を抑えることができる在来線での移動ですが、なかなか時間を取って実行するのは難しいかもしれません。
この青春18きっぷは、学生の休みの期間に合わせてのみ販売されています。
学生の方は、一度卒業前に利用してみては?

関連ページ

学割の料金は?
東京〜大阪の新幹線学割について。学割を使って往復すると料金は?
グリーン車に格安に!
東京〜大阪の新幹線グリーン車について。東京−大阪のグリーン車料金と料金を格安にする方法についても解説。
東京都区内と大阪市内
東京〜大阪の新幹線乗車券の範囲について。「東京都区内−大阪市内」の範囲の解説
片道料金を安く!
東京〜大阪の新幹線片道料金について。片道料金のみ格安になる切符は?
往復割引は使えない
東京〜大阪の新幹線往復割引について。往復割引が使えない東京と大阪を格安に往復するには?
バスとぷらっとこだま
東京−大阪間の往復手段について、高速バス・ぷらっとこだまで往復するといくらになるのか?実際の料金を調査。
子供料金
東京〜大阪の新幹線の子供料金について。指定席・自由席に乗ると乳児・幼児・小学生の子供料金はいくら?
回数券はお得?
東京〜大阪の新幹線回数券について。東京〜新大阪間で回数券を購入して得するのはどんなケースか?他の手段と料金比較も。
早特きっぷは会員のみ
東京〜大阪の新幹線早特きっぷ(早割)について。東京〜新大阪間でエクスプレス予約・プラスEXの会員のみが購入できる早特きっぷとは?
株主優待券で料金は?
東京〜大阪の新幹線で株主優待券を使った時の料金について。株主優待券利用時の指定席・自由席・グリーン車の料金を他の割引きっぷと比較。