東京 大阪 新幹線片道

東京−大阪の片道料金を安く!

東京と大阪を片道のみ新幹線で移動する時、料金を安くするにはどんな方法があるのか?
ここでは、東京−新大阪間の新幹線片道料金についてご紹介します。

 

東京−大阪の新幹線は、5つの方法で格安に往復することができます。
その内、片道で使える方法は新幹線宿泊パックを除いた4つ。
この4つに、さらに学割・株主優待券・こだまの料金を加えて比較してみましょう。

 

のぞみ通常料金14,450円
ひかり・こだま通常料金14,140円
自由席13,620円
金券ショップの新幹線格安チケット13,500円くらい
エクスプレス予約13,370円
株主優待券13,000円
エクスプレス予約の「EXのぞみファミリー早特」12,340円
学割指定席12,700円、自由席11,870円
エクスプレス予約の「EX早特21」11,000円
ぷらっとこだま通常期10,500円
エクスプレス予約の「EXこだまファミリー早特」9,900円

料金は下へ行くほど安いですが、「ぷらっとこだま」と「EXこだまファミリー早特」はこだま限定。
こだま以外で学割の自由席を除けば、最も安いのはエクスプレス予約の「EX早特21」です。
(「EX早特21」は朝6時台と11〜15時台発の「のぞみ」のみ利用可。)

 

新幹線宿泊パックかこだまを使う以外には、料金がなかなか安くならない東京−大阪間ですが、片道の移動であれば飛行機という手段も考えられます。
羽田−伊丹の格安航空券は12,000円くらいで探すこともできますので、片道の場合は、飛行機とも料金を比較してみるといいですね。

 

料金の安さならLCCも!

新幹線の片道料金を安くする手段をいくつかご紹介しましたが、それ以外に高速バスやLCCも安く移動することができます。

 

高速バス(夜行バス)なら、片道料金は安いバスで5,000円程度。
東京−大阪の移動で、おそらくこれより安い移動手段はありません。

 

しかし、忘れてはいけないのがLCC。
羽田〜伊丹には存在しませんが、成田〜関空ではLCCを利用することができます。

 

関空〜成田でLCCを利用すると、安い航空券は4,000円前後。
航空券を予約する時期や、フライトの時間帯にもよりますが、5,000円程度の航空券なら珍しくはありません。

 

ところが、東京・大阪の都心部から両空港とも少し離れているため、空港へのアクセス費用を含めると、高速バスほど安くはなりません。
所要時間は、空港までの移動時間を含めると、新幹線「こだま」(約4時間)と同じくらいでしょうか。

 

参考:空港バス料金と時間

東京駅から成田空港までは、バスで1時間〜1時間20分ほど、料金は1,000円くらい。
大阪駅と関西国際空港は、バスで1時間20分ほど、料金は1,550円くらい。

 

関連ページ

学割の料金は?
東京〜大阪の新幹線学割について。学割を使って往復すると料金は?
グリーン車に格安に!
東京〜大阪の新幹線グリーン車について。東京−大阪のグリーン車料金と料金を格安にする方法についても解説。
東京都区内と大阪市内
東京〜大阪の新幹線乗車券の範囲について。「東京都区内−大阪市内」の範囲の解説
往復割引は使えない
東京〜大阪の新幹線往復割引について。往復割引が使えない東京と大阪を格安に往復するには?
バスとぷらっとこだま
東京−大阪間の往復手段について、高速バス・ぷらっとこだまで往復するといくらになるのか?実際の料金を調査。
在来線で移動すると
東京〜大阪の在来線について。東京−大阪を新幹線を使わず在来線で移動すると料金はお得なのか?
子供料金
東京〜大阪の新幹線の子供料金について。指定席・自由席に乗ると乳児・幼児・小学生の子供料金はいくら?
回数券はお得?
東京〜大阪の新幹線回数券について。東京〜新大阪間で回数券を購入して得するのはどんなケースか?他の手段と料金比較も。
早特きっぷは会員のみ
東京〜大阪の新幹線早特きっぷ(早割)について。東京〜新大阪間でエクスプレス予約・プラスEXの会員のみが購入できる早特きっぷとは?
株主優待券で料金は?
東京〜大阪の新幹線で株主優待券を使った時の料金について。株主優待券利用時の指定席・自由席・グリーン車の料金を他の割引きっぷと比較。