新幹線 東京 大阪 スマートEX

東京〜新大阪でも使えるスマートEXとは?

東京〜新大阪間の新幹線料金はいくつかの方法で安くすることができますが、その1つがスマートEX

 

スマートEXはエクスプレス予約と同じように、東海道・山陽新幹線のネット予約が可能。
しかし、エクスプレス予約と違い年会費は無料
そして、申し込んですぐ利用することができます。

 

では、このスマートEXはどのように利用すればいいのか、そして、東京〜大阪で利用すると、新幹線料金はいくらなのかご紹介しましょう?

 

スマートEXの利用方法

スマートEXには専用クレジットカードも、専用ICカードも必要ありません。
必要なのは、決済用に使うクレジットカードと、改札通過ように使う交通系ICカード。
会員登録しこの2つを登録すれば、すぐに利用することができます。

 

エクスプレス予約は会員登録後すぎには利用できませんが、スマートEXはすぐに利用することができます。
予約方法はスマホやPCからネットで列車・座席を予約します。
列車に乗る時には、1人なら登録した交通系ICカードを改札にタッチして乗車。
2人以上で新幹線に乗る時には、指定席券売機や受取専用機できっぷを発券し、そのきっぷを使って改札を通ります。

 

東京〜大阪でスマートEXを使った料金は?

スマートEXの料金は、基本的に普通車指定席・グリーン車は通常きっぷの200円引き。
自由席の料金は通常きっぷと同額です。

 

東京〜新大阪の料金は、「のぞみ」指定席14,250円、「ひかり・こだま」13,940円。
グリーン車の料金は19,030円、自由席は13,620円です。
普通車指定席の料金は、繁忙期には200円アップし、閑散期には200円安くなります。

 

そして、東京〜新大阪では、エクスプレス予約と同じく「早特」の利用が可能。
「EXのぞみファミリー早特」は片道12,340円で、土休日のみ2人以上で利用可。
「EX早特21」は片道11,000円で、限定時間帯の「のぞみ」指定席に乗ることができます。
グリーン車なら「EXグリーン早特」と「EXのぞみファミリー早特」で14,400円です。

 

また、「こだま」に乗るなら、2人以上で利用できる「EXこだまファミリー早特」は9,900円。
「こだま」グリーン車も安く、「EXこだまグリーン早特」で11,200円、「EXこだまファミリー早特」で10,900円です。

 

早特のきっぷは「EX早特21」のみ21日前までに予約が必要ですが、それ以外は3日前までに予約すれば利用することができます。

 

参考⇒早特きっぷ(早割)は会員のみ購入可

 

東京〜大阪ではスマートEXはこんな方におすすめ!

東京〜新大阪の新幹線料金は、スマートEX以外の方法でも安くなります。
その中で、スマートEXを使うおすすめのケースをご紹介しましょう!

 

とにかく今新幹線を予約したい!

料金は後にして、すぐ新幹線を予約したい方にはスマートEXはおすすめです。
新幹線を予約した時の料金はスマートEXよりエクスプレス予約の方が安いです。
しかし、エクスプレス予約は申し込んでからすぐに列車を予約することができません。

 

料金重視で宿泊なし

東京〜新大阪の片道料金が最も安いのは「EXこだまファミリー早特」の9,900円。
ぷらっとこだま」(通常期片道10,500円)より安いです。
もちろん、列車は「こだま」限定で、2人以上での乗車時にしか利用できませんが、片道料金だけなら最安値です。
家族での実家への帰省など、3日前までに予約すれば格安に新幹線に乗ることができます。

 

ただし、往復+宿泊で新幹線を利用する場合、スマートEXで「EXこだまファミリー早特」を利用するよりも、新幹線宿泊パックを使った方が安いです。

 

往復とも早特を利用

スマートEXで利用できる早特はエクスプレス予約と同じ料金です。
しかも、エクスプレス予約は年会費がかかりますが、スマートEXは年会費無料。
往復とも「早特」で予約できるなら、スマートEXを利用するのはお得です。
ただし、宿泊も同時に予約する場合は、新幹線パックを利用した方が安いです。
参考⇒新幹線で東京〜大阪を格安に往復する方法5つ

 

では、次にスマートEXを利用する時の注意点をご紹介しましょう!

 

東京〜大阪でスマートEXを利用する時の注意点

スマートEXは簡単に新幹線をネット予約できるのが魅力です。
しかし、料金的にはデメリットや注意点もあります。

 

利用できるのは新幹線の駅の区間のみ

スマートEXで利用できるのは新幹線の駅から新幹線の駅までです。
東京〜大阪なら、東京・品川〜新大阪までの区間しか利用することはできません。
新幹線に乗る前後の在来線料金は別途必要です。

 

通常料金より高くなることも

スマートEXを利用すれば、普通車指定席の料金は通常きっぷの200円引きです。
ところが、東京〜大阪の通常きっぷは「東京都区内〜大阪市内」で利用することができ、新幹線に乗る前後のJR在来線にそのまま乗り継ぐことができます。
しかし、スマートEXが有効なのは新幹線の区間のみ。

 

例えば、上野駅から大阪駅へ行くには、上野〜東京154円、新大阪〜大阪160円の追加料金が発生します。その結果、通常きっぷ14,450円に対し、スマートEX利用時は14,564円。
安くなったつもりでも、実際の料金は安くなっていません。

 

宿泊するなら新幹線パックが安い!

スマートEXを使って東京〜新大阪の「のぞみ」普通車指定席料金が最も安くなるのは、「EX早特21」の片道11,000円です。
これを使って上野から大阪駅まで行き、大阪駅周辺で1泊5,400円で宿泊すれば、往復・1泊28,028円かかります。
ところが、これを新幹線宿泊パックで予約すると、往復・1泊26,300円。
宿泊するならスマートEXより新幹線パックが安いです。

 

新幹線宿泊パック

日本旅行「JR・新幹線&宿泊セットプラン」

 

往復新幹線とホテルを同時に予約すると料金は超格安!
全てネット予約ができ、予約したチケットは自宅へ郵送してくれます。
新幹線の選択肢が多く、3日前までの直前予約が可能。
ただし、お得なプランから完売しますので、予約はお早めに!