東京 大阪 ぷらっとこだま 高速バス

東京−大阪をとにかく安く移動したい!

東京と大阪の往復は、多くの人は新幹線か飛行機を利用します。
でも、何で移動するにしても、やはり気になるのは料金。

 

飛行機・新幹線とも、いくら安くなる方法を探しても、やはりそれなりに料金がかかります。
そこで、このページでは、東京−大阪を「とにかく安く往復する手段」を考えてみたいと思います。

 

 

安く移動するといって、すぐに思いつくのは高速バス(夜行バス)。
そして、時間はかかっても安く新幹線に乗れる「ぷらっとこだま」。

 

この2つを利用した時の料金を調べてみましょう。

 

バス・ぷらっとこだまで往復いくら?

まずは、高速バス・ぷらっとこだまの料金をそれぞれ調べてみました。

 

高速バス(夜行バス)

東京−大阪で運行しているのは夜行バスが多く、夜出発し翌朝到着するのが基本。
料金を調べてみると、4列シートのバスで片道4,000〜6,000円台、3列シートのバスでは6,000〜10,000円くらいです。
週末の利用者が多く、平日より週末の方が若干料金が高いようです。

 

ぷらっとこだま

東京−大阪間のぷらっとこだまの料金は、通常期で片道10,500円、繁忙期で12,000円です。
ぷらっとこだまの料金は、曜日では変わりませんが、年末年始やゴールデンウィークなど新幹線が混雑する時期は繁忙期の料金です。

 

 

では、バスとぷらっとこだまを使って東京−大阪を往復するといくらかかるのでしょうか?

 

往復高速バス

往復とも3列シートの高速バスを使うと、料金は12,000〜20,000円。
中間をとって16,000円くらいでしょうか。
往復とも4列シートで移動すると、10,000円くらいでの往復も可能。

 

往復ぷらっとこだま

往復ぷらっとこだまを使うと、料金は21,000円。
新幹線宿泊パックを除き、新幹線の往復料金としては最も安いです。

 

片道ずつ

片道は高速バス、片道はぷらっとこだまで移動すると、高速バスが8,000円だとすれば往復で18,500円。
安いバスに乗れば往復で15,000円くらいに抑えることも。

 

4列シートのバスで往復すれば、10,000円以下?で往復することもできそうです。
往復で28,000円以上かかる新幹線(のぞみ)と比べると、やはり安いですね。

 

それにしても時間がかかるこの2つの手段。
高速バス(夜行バス)は片道平均7時間、ぷらっとこだまでも片道4時間かかります。
新幹線(のぞみ)の乗車時間2時間30分や、飛行機のフライト時間70分と比べると所要時間は2倍・3倍・・・。

 

それでも、「新幹線パックや飛行機ツアーでは高い!」という方は、この2つの手段ですね。

 

なお、ジェットスターなどLCCを利用すると、片道4,000円〜6,000円台くらいで移動することができますが、空港へのアクセスに別途費用がかかりますので、ここでは新幹線と高速バスのみの比較としました。

関連ページ

学割の料金は?
東京〜大阪の新幹線学割について。学割を使って往復すると料金は?
グリーン車に格安に!
東京〜大阪の新幹線グリーン車について。東京−大阪のグリーン車料金と料金を格安にする方法についても解説。
東京都区内と大阪市内
東京〜大阪の新幹線乗車券の範囲について。「東京都区内−大阪市内」の範囲の解説
片道料金を安く!
東京〜大阪の新幹線片道料金について。片道料金のみ格安になる切符は?
往復割引は使えない
東京〜大阪の新幹線往復割引について。往復割引が使えない東京と大阪を格安に往復するには?
在来線で移動すると
東京〜大阪の在来線について。東京−大阪を新幹線を使わず在来線で移動すると料金はお得なのか?
子供料金
東京〜大阪の新幹線の子供料金について。指定席・自由席に乗ると乳児・幼児・小学生の子供料金はいくら?
回数券はお得?
東京〜大阪の新幹線回数券について。東京〜新大阪間で回数券を購入して得するのはどんなケースか?他の手段と料金比較も。
早特きっぷは会員のみ
東京〜大阪の新幹線早特きっぷ(早割)について。東京〜新大阪間でエクスプレス予約・プラスEXの会員のみが購入できる早特きっぷとは?
株主優待券で料金は?
東京〜大阪の新幹線で株主優待券を使った時の料金について。株主優待券利用時の指定席・自由席・グリーン車の料金を他の割引きっぷと比較。