新幹線 東京 大阪

新幹線で東京〜大阪を最安値で往復したい方必見!

新幹線で東京〜大阪を格安に往復する方法を5つご紹介します。

 

もちろん、この他にも学割や株主優待券など、特定の人にしか使えない方法は他にもありますが、東京〜大阪間で新幹線に誰もが安く乗れるのはこの5つの方法しかありません。

 

 

そして、その全ての料金を比較した結果・・・

東京〜大阪を新幹線で往復&1泊する方には、これが最も格安です!

新幹線宿泊パック

新幹線宿泊パック

 

往復新幹線とホテルを同時に予約すると、料金は他の方法よりも格安。
もちろん、2泊・3泊でもOK!1泊3日の格安新幹線旅行も作れます。
新幹線の選択肢も多いので、「いい時間の新幹線に乗れない・・・」ということもありません。

 

往復&宿泊する場合は、これを利用すると合計7,000円くらい安くなります。
日帰りや片道のみ新幹線利用の方は、以下の他の方法を参考にしてください。

新幹線で東京〜大阪を格安に往復する5つの方法とは?

新幹線に通常料金より安く乗る方法はいくつかありますが、区間によって使える方法は違います。
利用者が多くなかなか料金が安くならない東京〜大阪では、使える方法はたったの5つ

 

この5つの方法は、それぞれ「どんなケースで使うとお得なのか?」
料金も含めてご紹介していきましょう。

 

 

まずは東京〜新大阪の通常料金を確認

普通に駅の窓口や券売機で切符を買った場合、のぞみ指定席で片道14,450円
指定席の場合は時期により±200円の変動がありますが、基本はこの料金です。

 

この料金より安く東京〜大阪の新幹線に乗るには?

 

1.自由席に乗る

東京〜大阪の新幹線は、自由席に乗ると片道13,620円で、のぞみ・ひかり・こだま共通です。
のぞみの自由席に乗ると、指定席より830円安くなります。

 

自由席を利用して最もお得なケースは、幼児を連れて新幹線に乗る家族旅行
指定席に乗ると子供料金がかかりますが、自由席は幼児は無料です。

>自由席の詳細ページ

 

2.ひかり・こだまに乗る

東京〜大阪間のひかり・こだま指定席料金は14,140円。
のぞみの指定席料金14,450円より310円安く「ひかり」なら所要時間もそれほど変わりません。

 

さらに、こだまの料金はもっと安くすることができます。
「東京から大阪までの新幹線片道最安値は?」の疑問に単純に答えるなら、安いのは「ぷらっとこだま」。
通常期で片道10,300円と格安ですが、所要時間は片道4時間・・・。
時間がかかりすぎる東京〜大阪間では、おススメはできません。

>ひかり・こだまの詳細ページ

 

3.金券ショップの新幹線格安チケット

金券ショップで東京〜大阪の新幹線格安チケットを探すと、片道料金は13,500円くらい。
料金的にはエクスプレス予約とほとんど変わらず、900円〜1,000円安くなる程度。
ただし、売られている格安チケットのほとんどは回数券で、年末年始やお盆前後には使えません。

 

新幹線格安チケットを使うとお得なのは、当日・前日など直前に切符を買う場合
東京〜新大阪のチケットなら、どこの店舗でもほぼ購入可能です。

>新幹線格安チケットの詳細ページ

 

4.エクスプレス予約・プラスEX

会員制新幹線割引予約サービスのエクスプレス予約とプラスEX。
東京〜大阪間の料金は、エクスプレス予約で片道13,370円、プラスEXで片道13,940円。
IC早特を使って3日前までに予約すると、どちらも片道12,340円です。

 

このような新幹線割引予約サービスを使うとお得なのは、格安チケットと同じく日帰りの場合や、往復の利用区間が違う場合など。
格安チケットと違い、年末年始・GW・お盆でも使えます。

>新幹線予約サービスの詳細ページ

 

5.新幹線宿泊パック

往復新幹線とホテルがセットになった旅行会社の新幹線ツアー。
普通のビジネスホテルを利用するなら、宿泊代が無料になるくらいの料金設定です。

 

東京から大阪へ行く方も、大阪から東京へ行く方も、宿泊を予約する必要がある方は他のどんな方法よりも格安です。
往復の利用区間が同じで、宿泊する方にはこれが最もお得な方法です。

>新幹線宿泊パックの詳細ページ

 

 

東京〜大阪の新幹線で、誰もが使える格安な方法はこの5つしかありません。
この5つの方法の料金を、まとめて一覧にしてみましょう。

 

東京〜大阪の新幹線料金を比較すると・・・

この5つの方法を片道料金で高い順に並べると・・・

 

東京〜大阪の「のぞみ指定席」14,450円が・・・

■ひかり・こだま指定席で14,140円
■自由席で13,620円
■金券ショップの格安チケットで約13,500円
■プラスEXで13,940円、エクスプレス予約で13,370円
■プラスEX・エクスプレス予約の早特で12,340円
■ぷらっとこだまで10,300円

片道料金だけを比べると、「ぷらっとこだま」「プラスEX・エクスプレス予約の早特」の順に安いです。

 

 

ところが、ここに新幹線宿泊パックを入れて往復・1泊の合計料金を比べると、この順位が変わります。
1泊4,800円で宿泊するとして、「新幹線往復&宿泊」の合計料金を比較してみましょう。

 

 

東京−大阪往復&1泊の合計料金を比較

往復方法 往復&1泊合計 のぞみ通常との差額
のぞみ指定席通常料金 33,700円 差額0円
ひかり・こだま指定席 33,080円 ▲620円
自由席 32,040円 ▲1,620円
新幹線格安チケット 31,800円 ▲2,100円
EX予約・プラスEX早特 29,480円 ▲4,100円
ぷらっとこだま 25,400円 ▲8,100円
新幹線宿泊パック 25,200円 ▲8,300円

 

「ぷらっとこだま」も安いですが、宿泊するなら新幹線宿泊パックの方が安いです。
しかも、利用する新幹線は「のぞみ」または「ひかり」。
参考までに、同じパックで「こだま」を使った料金を調べてみたところ、あと約2,000円安くなります。

 

東京〜大阪の新幹線は、1泊を含めた往復料金で比べると新幹線宿泊パックが一番格安です。

 

東京〜大阪の新幹線の正しい乗り方(まとめ)

東京〜大阪を新幹線で往復し宿泊する場合は、間違いなく新幹線宿泊パックが安いです。

 

それ以外の、日帰りで往復する場合、往復の乗車区間が違う場合、片道しか新幹線に乗らない場合、2日前〜当日に切符を購入する場合などは、新幹線宿泊パックを利用することができませんので、その場合に限り、他の方法で新幹線に乗るのが正しい選択です。

 

東京〜大阪間の新幹線は、このような選び方をすれば確実に格安に乗ることができます。

 

ホテルと往復新幹線をセットで予約すると一番安い!
これ、知らないと損ですね・・・。

 

 

数ある新幹線宿泊パックの中でおススメはこれ!

新幹線宿泊パック

日本旅行「JR・新幹線&宿泊セットプラン」

 

このプランで往復新幹線とホテルを同時に予約すると料金は超格安!
全てネット予約ができ、予約したチケットは自宅へ郵送してくれます。
このプランのいいところは、新幹線の選択肢が多い上に、3日前までの直前予約ができるところ。
ただし、お得なプランから完売しますので、予約はお早めに!